三浦工業(株)「家庭用軟水器」

(株)高崎は三浦工業の一次認定代理店です。
三浦工業はこんな会社です。
社 名 三浦工業株式会社
「おいらはボイラー、
三浦のボイラー…」で
おなじみの三浦工業です。
本 社 愛媛県松山市
資本金 95億4400万円(平成15年9月30日現在)
東証・大証第一部上場企業
従業員 1476名(平成16年3月30日現在)
企業用ボイラーにおいて全国シェアの70%前後を占める大企業で、約1960年来の実績がありますので、商品的な信頼は絶大です。

←三浦工業の
「美容にい~わよ!軟水」
のページはこちら
今回ご提案商品

これから下を読まれる前に、この軟水器とは、よく言われる浄水器とは全く違う画期的な商品ですので、今までの水関連商品の知識を一度リセットしてお読み下さい。

軟水・硬水とは
・軟水 地中に吸収される前の、雨水・雪解け水。
・硬水 地中を通過する際に、地中より石灰分を吸収した水。(井戸水は特に硬いケースが多い)
天から恵まれた水は、どこでも軟水という平等な水なのに地域・地質により水が硬くなっているのです。
軟水器とは

水道水・井戸水に必ず含まれている石灰分を除去する機械。
(浄水器は主に塩素除去や電解を行う役目であり、石灰分を取り除く事は出来ない物が多い)

上記円グラフの様に生活水全体を100とした時に私達が実際口の中に入れるのは、わずか1%でしかありません。(コップでお風呂や洗濯機に水を入れると何杯くらい必要か想像して下さい。)

しかしながら多くの家庭ではこの1%の飲料水の為に何十万もする浄水器を購入されているのが現状です。

今回ご提案する家庭用軟水器は、残りの99%の生活水に大きな力を発揮します。
また欧米では硬水で石灰分が多く、直接飲むとおなかをくだす為、軟水器を各家庭に設置し、日本での普及はこれからですが、欧米の普及率は70%前後と言われております。

では、どの様な事を解決してくれるものか、見ていきましょう。

こんなことで、お困りではありませんか?
ご家庭でこの様な現象が起きていませんか?
浴室のミラーや浴槽 浴室用器具 ポット内
排水口のぬめり 蛇口の白い汚れ 洗面器のザラザラ
●?ステンレスがくもる。
●?シンクが白く汚れる。
●?ポットの底に白いガリガリがつく。
●?洗顔後に肌がつっぱる。
●?浴槽の湯あかがとれない。
●?給湯器や食器洗浄器がすぐ故障する。
●?髪がパサパサになる。
●?洗濯物がゴワゴワする。
●?お風呂のお湯がチクチクする。
原因は、水の硬さにあります。

水の硬さとは、水に含まれるカルシウムイオンやマグネシウムイオンなどの量を数値化したものです。
それを硬度といいます。

↑

●スキンケア・美容にとても気を使っている。
●風呂上りや洗顔後に肌のツッパリを感じる。
●皮膚アトピーで困っている。
特に関東・九州北部は水の硬い地域です。
全国平均61ppmとは、1トンの水の中に61gもの石灰(チョークの粉をイメージして下さい)が含まれているという事です。ごく一般に大人が1ヶ月に使用する水の量は8トン前後と言われる中で、皆様は平均して61g×8トン=488gもの石灰を浴びながら生活していると考えられます。チョークの粉は手に付くとすぐに手を洗いたくなる衝動にかられませんか。目にはほとんど見えませんが、実はチョークまじりの肌などに悪い水を浴びて生活しているのです。
この軟水器『軟太郎』を使用すると

ご家庭のすべての蛇口がなんと硬度1ppm以下の水に変わります。

すると

前項目、「水でお困りのトラブル」「上記写真のような現象」が解消されていきます。

このような水トラブルはなぜ起きるのでしょう。
それは石けんカスといわれるものが原因です。
石けんカスは、洗面器に付くザラザラしたものです。この石けんカスは、体から出た『あか』と思われがちですが、実はご自宅のきれいな水(硬水)ときれいな石けんだけでもこのザラザラ(石けんカス)は出来るのです。
ということは・・・
石けんカスのザラザラは洗面器だけに付いているのではありません。目に見えにくいのですが、体を洗った後の体・髪を洗った後の髪・洗たく後の衣類、水まわりのシンク、タイル、ミラーにも同じ様に付いているのです。
付着すると・・・
この石けんカスや石灰(チョークの粉)が付着した状態で乾くことによって、

・洗顔後の肌のつっぱり感が出る ?化粧水等
・髪の毛がパサパサする ?リンス等
・タオルがパリパリ、衣類の黄ばみ ?柔軟剤等
・シンク、タイル、浴室ミラーの白い汚れ ?クレンザー等
で皆様は対処されております。
つまり

軟水器を通した水ならこれらが必要なくなってくるのです。

※肌や髪に関しては、体質・パーマ等個人差があります。
女性の方はご存知の方、もしくはご使用の方も多いと思いますが、入浴後等に使われている『肌水』は保湿等で有名でございますが、1本数百円する中、ほとんどの方が少しずつ手に取って使われる程度でぜい沢に毎日1本、ましてや数十本で手を洗ったりお風呂に入ったりする方はいらっしゃらないと思います。 肌水

肌 水
軟水器を通すと

この水とほぼ同質の水になり、とてもぜい沢な生活環境に早変わりします。

すでにユーザーの方は、ミニボトルで持ち運びをされている方もいらっしゃいます。
この他にもこのようなメリットがあります。
日本最大規模のアレルギー学会にて、前記石けんカスが付着する事によって皮膚アトピーを加速させるという事が発表されました。軟水器はこの石けんカスがほとんど出来ません。
石けんカスによるぬめりが発生しないため、においも減りますし、浴室排水口も網の髪の毛を取るだけですみます。
シンク、タイル、浴室ミラーをゴシゴシこすらなくていい様になります。
浴槽、洗面器にザラザラがほとんど付かないので掃除が簡単でスピーディに。
ガラス食器にウォータースポット(水滴の跡)が残りませんので、ふき取り作業がなくなります。
洗剤の量が目安として1/5以下ですみます。かえって多く入れすぎると泡があふれて出てきたり、石けんがすすぎきれすに黄ばみの原因になります。また洗たく槽に石けんカスが残りませんので、カビも生えにくくなります。
赤ちゃんやアトピーの方にやさしい純石けんを使用しても泡立ちがよくなります。
ヒゲを剃る際にも軟水を使うと純石けんの泡立ちが良く、お肌への負担も軽くなります。使う水が硬水では、いくら無添加の純石けんを使っても泡立ちが悪くなり石けんカスも発生。剃った後の肌には不快なギシギシ感が残り、肌荒れやカミソリ負けといったトラブルを引き起こしてしまいます。
スムーズに剃るためには、石けんカスのできない軟水を是非おすすめします。
髪を洗ったり、ドライヤーで乾かす際に、自分の指が髪にひっかかり、「キュ!」と引き抜く様な事はありませんでしょうか。実は、前項説明しました「石けんカス」(いわゆる洗面器のザラザラ)が髪にくっつき、そのくっついた部分に自分の指を通して、自分の手で髪を引き抜いているのです。
この軟水器を通した水だと「石けんカス」がほとんど出来ませんので、この様な現象はほとんど改善されます。
又、余談ですが、この「石けんカス」が頭皮にべったり貼り付く事で、いくら良い「育毛剤」を使っても吸収をさまたげる事になります。
お米やお豆を炊く時も硬水中の石灰と脂肪酸が反応してお米やお豆のまわりに石けんカスの膜が出来、おいしさや風味がとじこめられてしまいます。軟水によってふっくら炊き上がると声を多く聞きます。
やさしいやわらかいお水をペットも求めているかもしれません。
一般に「美人の湯」と呼ばれている温泉からは軟水が出ております。治療や高齢の方で、温泉治療として遠方へ出向かれている方も少なくない様ですが、軟水器があれば、ご自宅が「日本一の美肌温泉」よりも柔らかい水に変わります。女性の方を中心に風呂上りや化粧の際、数百円する肌水の様なものを肌に付けられていることが多い様ですが、それは軟水なのです。軟水器があれば、この肌水で手を洗ったり、お風呂に入ったりとぜいたくな水のくらしに変わります。
お客様の声

こんな方もご購入いただいております。
当店ではお客様の髪やスタッフの手荒れを配慮し、三浦工業の軟水器「軟太郎」を設置しております。
軟水になってシャンプーが少量できめ細かい泡立ちになり、パーマを含めお客様にも今まで以上の仕上がりに喜んでいただいておりますし、スタッフからも手荒れが減り、排水溝のぬめりがほとんど無くなり掃除が楽になったなどとても好評です。
また、三浦工業の軟水器は無料レンタルにて体感でき、実際その良さを期間中に納得できたという信頼の上で、購入にいたりました。
お客様にもスタッフにも一石二鳥で本当にお勧めです。
もっと自分らしく、出来なかったスタイルも叶えたい!「髪型ひとつで生まれ変わる自分」をコンセプトに”きれいにかわいくなりたい”女の子をもっと増やしていきたい。

(これはあくまで感想であり効能を示唆するものではございません)

上へ

−このホームページについてのご意見・お問合せは、下記宛お願いいたします。−
株式会社 高崎 (TAKASAKI co., ltd.)
〒812-0882 福岡市博多区麦野3-6-10-1F
TEL:092-588-8177
FAX:092-588-8182
お問い合わせフォーム お問い合わせフォームはこちら
 
私共は、NPO法人 日本健康住宅協会が定める
『健康住宅アドバイザー』が在籍し、環境・健康に真剣に取り組んでおります。

※このホームページは、最新バージョンのブラウザでご覧下さい。

 

Copyright © 2013 TAKASAKI All Rights Reserved.
高杢さんの健康レポート

 

講演活動をはじめ全国を飛び回っていらっしゃる高杢さんですが、ご自身の健康について普段から心掛けていらっしゃることはありますか?

 

高杢:
強いてあげれば体力作りでしょうか。もう若くないので(笑)無理しない程度にですけど。
仕事の時も時間が空いたら、散歩のような軽い運動を行うようにしています。そのおかげか、執筆、講演、タレント業と意欲的にこなせていますし、体もすこぶる快調です。

 

体調もですが、精神面でもとても充実しているように見えますが。

 

高杢:
今までの人生を振り返っても、ここ数年はもっとも気持ちが安定しているように自分でも思いますよ。
健康を考える上で、まず第一に大切にすべきことは「心」なんじゃないか、と。守るべき家族がすぐ近くにいて、やりがいのある仕事に取り組んで。生きがいを持つことで体も元気になり、結果、健やかな生活を送ることが出来るはずなんです。
それから当然、食生活も重要ですよね。カラダにいいものを毎日きちんと摂取する。これこそが、健康生活の基本でしょう。

 

ということは、健康食品などにも興味がおありなのでは?

 

高杢:
これまで食事以外で健康の為に特別何かを飲んだりということはなかったんですが、1年前に“シーフコイダン”と出会い、天然成分ということで今ではすすんで毎日飲むようにしています。『分子が小さいから吸収力が違うんですね。』

 

フコイダンという成分は以前からご存知でしたか?

 

高杢:
海藻に含まれるヌルヌル成分のことですよね。
僕は2年前から健康についていろいろ勉強し始めたのですが、その中で、特にモズクにたっぷり含まれているというフコイダンのパワーについては良く耳にはしていたんです。ただ色々なフコイダン商品が市販されているでしょう。
いざ飲むとなるとどれを選んだらよいのか、僕と同じようにみなさん悩まれてるんじゃないかと思いますよ。

 

そして、1年前に「シーフコイダン」と出会われたわけですね。

 

高杢:
どんなにカラダによいものでも、飲んでそのまま外に排泄されてしまっては意味がない。でも海藻は消化吸収されにくい食物ですよね。そこでこの“シーフコイダン”は独自の技術で、フコイダンをできる限り小さな分子にして、きちんと体が吸収するよう工夫がほどこされているそうなんです。僕は化学に弱いので(笑)詳しいことはわかりませんが、確かに一口飲んでみて口あたりがいいし、後味もすっきりしているので「あ、これなら続けられるかな」とまず思いましたね。それに必須アミノ酸やビタミンB、食物繊維も豊富なので、これは栄養補給にいいゾ、とカミさんにもすすめています。

 

それでは最後に、これからの高杢さんの健康づくりに対する思いを。

 

高杢:
正直『もっと以前に“シーフコイダン”と出会っていれば...』とも思いましたね。若いころは、とにかく無茶苦茶な生活をしてましたから(笑)。
これからは自分自身の健康づくりももちろんですが、元気でいる間にひとりでも多くの方に健康のすばらしさを伝えていきたいと考えています。

 

とてもイキイキとした高杢さんのお話をうかがって、みなさんも元気をいただいたのではないかと思います。
今日はどうもありがとうございました。

×